介護用品で「できる」喜び

自力で入浴するための介護用品

入浴の介護用品と言えば、寝たままでもお湯に浸かれる特殊な浴槽もありますが、ある程度動くことが可能ならば、自力での入浴をサポートする介護用品がおすすめです。浴室では、滑ったり、浴槽に足を引っかけるといった事故が起こりやすいものですが、適切な介護用品を使うことで、そのリスクを回避できます。まず、浴室につける手すりがあれば、動作が安定し、転倒事故を防ぐことができます。
しっかり体を支えられるということは、安心感もあるため、入浴時のストレスの軽減にもなります。さらに、洗い場にシャワーチェアがあれば、立ったり座ったりするときも安全です。また、浴槽に入るときには、バスボードと浴槽内の椅子があると便利です。バスボードとは、浴槽の上に置く板のことで、そこに一旦腰かけたあと、ゆっくりと体を移動させて湯に浸かります。
その方法であれば、フラフラしながら浴槽を跨ぐより遥かに安全です。浴槽内の椅子は、浴槽の底に取りつけるものであり、段差を軽減することができます。底に足がつくまでに一段プラスされることで、跨ぐときにバランスを崩しにくくなるのです。浴槽の中で椅子に腰かけていれば、あがるときも楽に立ち上がることができ、負担がかかりません。

排泄のための介護用品とは

排泄は、人間の尊厳にかかわることであり、介護では重要なポイントとなります。そのため、介護用品も、適切なものを選ばなければなりません。よい介護用品を使うことで、自力での排泄ができたり、負担を減らすことが可能です。排泄のための介護用品と言えば、多くの人が思いつくのは、やはりポータブルトイレでしょう。これを部屋に置いておけば、歩くのが大変な人でも、トイレまで移動する負担を大幅に軽減できます。
日中はなんとか移動できたとしても、暗い夜間は危険も多くなりますから、夜だけ使う方法もおすすめです。これには、便座が柔らかいものや、排泄後の洗浄機能がついたものなど、それぞれ特徴があります。使う人の状態に合わせて、最も適したものを選ぶとよいでしょう。また、トレイに取りつける手すりも、排泄を助けてくれます。トイレに手すりがあれば、それにつかまることで、普段は自力での排泄動作が困難な人でも、スムーズに用を足すことができます。
「なるべく普通にトイレで排泄したい」という意思を尊重することができる、大切な介護用品なのです。これには、便器の両側に手すりをつける「挟み込み式」と、トイレの天井と床に突っ張らせて設置する「突っ張り式」の2種類があります。大掛かりな工事などは必要なく、簡単に取りつけることができるので、排泄の介護に悩んでいる人は、ぜひ利用してみましょう。

Choices Article

カテゴリ:介護用品を考える

介護用品業界の抜本的改革を待望

身の回りで役立つ介護用品について 介護用品は車いすのような大型のものから、身の回りに役立つ小型のものまで様々にあります。今回は日々の生活で役立つ、身の回りで使う介護用品をご紹介し…

More...

カテゴリ:選び方あれこれ

個々に合った介護用品選び

生活する為の介護用品 今の日本は超高齢社会と呼ばれる程高齢者人口の比率の高い国となっています。その為身近に介護が必要な人がいるという人も多いのではないでしょうか。在宅で介護を行う…

More...

カテゴリ:選び方あれこれ

介護用品で食事や入浴を快適に

食事で役立つ介護用品とは 食事は、人間が生きていく上でとても重要な行為なので、しっかり介護しなければなりません。しかし、体が衰えてくると、スプーンを持つのも困難な場合があり、なか…

More...

カテゴリ:介護用品を考える

介護用品で「できる」喜び

自力で入浴するための介護用品 入浴の介護用品と言えば、寝たままでもお湯に浸かれる特殊な浴槽もありますが、ある程度動くことが可能ならば、自力での入浴をサポートする介護用品がおすすめ…

More...